【ハッピードスケベ到来!】男性感謝の日~気になるあの子と街中でヤリたい放題できちゃった話~ ネタバレ 2話 【180R】あらすじ 結末 無料試し読み

 

こんにちわ☆彡 今日は、

男性感謝の日~気になるあの子と街中でヤリたい放題できちゃった話~ 2話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【男性感謝の日で検索すると出ます!

 

 

前回の内容はこちら♬

⇒ 男性感謝の日~気になるあの子と街中でヤリたい放題できちゃった話~ 1話 ネタバレ

 

男性感謝の日~気になるあの子と街中でヤリたい放題できちゃった話~ 2話 のネタバレと読んだ感想

 

 

年に一度、ランダムに配られる

「男性感謝の日」のバッジを手に入れた主人公。

 

 

バッジを見えるところにつければ、

女の子は、男性の性交渉に応じなければいけないという

ルールがあって・・!?

 

 

 

「男性感謝の日~気になるあの子と街中でヤリたい放題できちゃった話~」2話のネタバレです!

 

 

 

念願であったバッジを襟に付け・・、

主人公は、通勤中によく見かけていた女の子に狙いを定めます。

 

 

 

女の子の名前は、堤芽依ちゃん。

 

 

 

彼女とエッチがしたくて仕方がない主人公は・・、

いつも乗っている電車で、芽依ちゃんが乗り込んでくるのを待ちます。

 

 

 

そして、

何も知らずに電車に乗ってきた芽依ちゃんに近づく主人公・・!

 

 

 

主人公は、電車の中で人目があるにもかかわらず・・、

 

芽依ちゃんのお尻を思いきり鷲掴み!!

 

 

 

 

驚く芽依ちゃんでしたが・・・、

主人公のバッジを見て「男性感謝の日なら仕方がない」

思い直しますww

 

 

 

男性感謝の日、男性のロマンww

 

 

 

主人公にされるがままに・・、

 

電車の中でありながら芽依ちゃんは身を許さざるをえません。

 

 

 

そのまま初めてなのに・・・

 

電車の中で芽依ちゃんは・・・・ロストバージンっ!(*´Д`)

 

 

 

本日初のエッチを終えた主人公だが・・、

 

まだまだ今日はヤリまくる予定ww

 

 

 

駅のホームに降ろされて・・・、

人が見てる中、芽依ちゃんに制服を脱ぐよう命じます・・!

 

 

 

男性感謝の日で逆らえない芽依ちゃん。

 

 

 

羞恥心に耐えながら・・・Kカップの胸を白昼の下晒しますww

 

 

 

これには、通勤中のサラリーマンも・・

 

思わず立ち止まってしまいます笑

 

 

 

ナイス!ラッキースケベっ!!

 

 

 

そんな大きなおっぱいで・・

今度は奉仕するよう命じる主人公。

 

 

 

逆らえない芽依ちゃんは・・・、

みんなが見てる中で主人公のモノを・・パイズリ!!

 

 

 

ふわふわなおっぱいに包まれて・・、

主人公のモノはすぐにガチガチにっww

 

 

 

そんな主人公のモノを・・舌で舐めてご奉仕する芽依ちゃん(*´Д`)

 

 

 

か・・・顔つきが・・・エロい・・(*´Д`)

 

 

 

すっかり夢中になっていて、

もう他人の目を気にする余裕もナッシングww

 

 

 

ハッピードスケべな男性感謝の日!

 

 

 

まだまだつづきますww

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【男性感謝の日で検索すると出ます! 

 

男性感謝の日~気になるあの子と街中でヤリたい放題できちゃった話~は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話60円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【男性感謝の日で検索すると出ます! 

 

 

 

次回の内容はこちら♬

⇒ 男性感謝の日~気になるあの子と街中でヤリたい放題できちゃった話~ 3話 ネタバレ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう