【はじめての巨根♡】僕得!入院性活-お見舞いに来た女の子たちと内緒のえっち- ネタバレ 1話 【ぱららん】あらすじ 結末 無料試し読み

 

 

こんにちわ☆彡 今日は、

僕得!入院性活-お見舞いに来た女の子たちと内緒のえっち- 1話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【僕得で検索すると出ます! 

 

 

 

僕得!入院性活-お見舞いに来た女の子たちと内緒のえっち- 1話 のネタバレと読んだ感想

 

 

憧れのマドンナが・・・ムフフなご奉仕!?

 

 

主人公の真田が目を覚ますと・・そこは何故か病院!

 

 

金髪美人のナースさんが

顔を覗き込んでいるのを見て驚きます。

 

 

 

「お加減いかがですか?」

 

「えっだれ……」

 

 

 

ナースさんに詳しく話を聞くと、

どうやら真田は学校の階段の下で

血を流して倒れていたらしい。

 

 

 

話を聞いてもピンとこない真田。

 

 

 

怪我のショックによる一時的な記憶障害だろうと

ナースさんは教えてくれます。

 

 

 

「落ち着いてきたら徐々に記憶も戻ると思うから……」

 

 

 

そうは言われても、

目覚めていきなり入院で混乱しまくり・・汗

 

 

 

真田もどうにか思い出そうとしますが、

階段から落ちた理由が事故なのか喧嘩なのかも不明な状況。

 

 

 

すると、

そこに同級生の安西さんが血相を変えて飛び込んできます。

 

 

 

安西さんはクラスの中でも

超絶美少女でマドンナ的存在です・・!

 

 

 

ボディもなかなかで、ムッチリエロボディ♡

 

 

 

しかし、

彼女がなんで自分なんかのお見舞いに?

 

 

 

「体の具合はどう?」

 

 

 

と聞かれて、返事をしようとしたとき頭痛が。

 

 

 

「大丈夫!?」

 

 

 

と駆け寄る安西さん。

 

 

 

しかし真田は・・・

 

安西さんの汗で透けたブラジャーに・・・ムクムク勃起中ww

 

 

 

安西さんは、

真田が汗だくになっているのを痛みのせいだと勘違い。

 

 

 

わざわざタオルを持ってきて

甲斐甲斐しく汗を拭ってくれます。

 

 

 

「服も汗でぐっしょり……

体も拭かないと風邪ひいちゃうわ」

 

 

 

そう言って、

安西さんは服を脱がせようとしてきます。

 

 

 

焦る真田!!

 

 

しかし!

安西さんにも事情があるようで・・・

 

 

 

実は、真田が階段から落ちたのは

安西さんとぶつかったのが原因かもしれないとの事。

 

 

 

そうとは知らず、

安西さんの「なんでもする」という言葉に

えっちな妄想を繰り広げる真田。

 

 

 

調子に乗った真田は、

足も拭いてほしいと安西さんに頼みます。

 

 

 

罪滅ぼしの意識で・・・OKする安西さん。

 

 

 

が、しかし!

 

 

安西さんが真田の足を拭いていると、

だんだん真田の巨根が・・・硬くなってきちゃって・・♡

 

 

 

「……あの……ここも、拭く、の?」

 

 

 

はじめての勃起した巨根に・・・戸惑う安西さん♡

 

 

 

しかし、罪滅ぼしの意識で・・

 

 

巨根をグッと素手で掴んじゃって・・・!?

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【僕得で検索すると出ます! 

 

僕得!入院性活-お見舞いに来た女の子たちと内緒のえっち-は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話70円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【僕得で検索すると出ます! 

 

 

 

次回の内容はこちら♬

⇒僕得!入院性活-お見舞いに来た女の子たちと内緒のえっち- 2話 ネタバレ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう