【私には居場所がなかった…】骨の髄まで私に尽くせ。 ネタバレ 8話 【長堀かおる】あらすじ 結末 無料試し読み

 

 

こんにちわ☆彡 今日は、

骨の髄まで私に尽くせ。  8話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

 

前回のあらすじはこちら♫

⇒骨の髄まで私に尽くせ。  7話 のネタバレ

 

 

骨の髄まで私に尽くせ。  8話 のネタバレと読んだ感想

 

私には居場所がなかった…

 

 

不倫相手さやかの自殺未遂を知った一樹。

 

 

そして、現場で見たリストカットの光景。

 

 

その後、さやかの口から

壮絶な過去が語られ始めました。

 

 

「昔のことを思い出していたの。

私には居場所がなかった…」

 

 

学校でのいじめ

 

家庭での性的虐待

 

 

次第に壊れていったさやかの心は

致命的な出来事から粉々に砕けてしまったのです。

 

 

母親の再婚相手に

無理やり襲われ続ける日々。

 

 

そんな関係を、一緒に暮らす母親が

気付くのも時間の問題でした。

 

 

行為を目撃した母親は、さやかに対して

 

 

「何やってんの!! この泥棒猫が!! 

色目使って人の旦那取ってんじゃないわよ!! 

あんたなんか産まなきゃよかった!!」

 

 

自分を傷つけない唯一の存在だった母親から、

無残にも存在を否定されてしまい、

さやかの心に

 

『死にたい』

 

という感情がうまれます。

 

そんな時、

 

 

「俺の家に来ればいいじゃん」

 

 

とさやかに差し伸べる手がありました。

 

 

しかし掴んだその手もさやかを

振りほどくのです―――――。

 

 

母親から拒絶された絶望から、

トイレへ駆け込み嘔吐するさやか。

 

 

そして、

そのまま外へさまよい出るのです。

 

 

それは・・・、

まるで死に場所を探すように。

 

 

ふらふらとおぼつかない足取りのさやかは

茶髪の男性とぶつかります。

 

 

「ごめん。大丈夫!?」

 

 

気付くとさやかはその男性に洗いざらい

すべて話していました。

 

 

学校でのいじめ、

 

義父からの虐待、

 

母の拒絶……

 

 

そしてその男性と一緒に暮らすことに

なるのです。

 

 

はじめはうまくやっていけそうだと

安心していましたが・・、

あっけなく終わりは訪れました。

 

 

「保証人の友達が逃げた。

俺ヤバいかも…助けてくれさやか…!」

 

「…わかった」

 

 

恐らくさやかは、新しい保証人になって

しまったのでしょう。

 

 

絶句する一樹にさやかは

 

 

「結局、その元カレも逃げて…

男運なさすぎるよね。あはは」

 

 

と笑いかけます。

 

 

せめて学校のいじめだけでも辞めさせることが

できていたらと後悔のために泣いてしまう一樹に、

 

 

「私には藤田くんしかいない」

 

 

とさやかは一樹を求めます。

 

 

さやかの過去を知った一樹は・・

同情からさやかの依存を

受け入れていきます。

 

 

しかし、この選択が一樹の家庭を

崩壊させる序章となるのです・・・!

 

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

骨の髄まで私に尽くせ。 は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話60円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

 

次回のあらすじはこちらから♬

⇒骨の髄まで私に尽くせ。  9話 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう