【ねえ・・、ずっと好きだったの・・!】骨の髄まで私に尽くせ。 ネタバレ 3話 【長堀かおる】あらすじ 結末 無料試し読み

 

 

こんにちわ☆彡 今日は、

骨の髄まで私に尽くせ。  3話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

 

前回のあらすじはこちら♫

⇒骨の髄まで私に尽くせ。  2話 のネタバレ

 

 

骨の髄まで私に尽くせ。  3話 のネタバレと読んだ感想

 

「ねえ、私。藤田くんのことがずっと好きだったの」

 

 

さやかと街中で偶然再会した一樹。

 

 

学生時代にさやかにしたレイプの事が

ずっと忘れられず・・、

 

感極まって、

その場でさやかに土下座して謝ります!

 

 

 

人通りが多い道端で、急に土下座され、

 

 

「藤田くん、やめてこんなトコで」

 

 

と、とりあえずと人気のないビルの間の路地に

一樹を引っ張ります。

 

 

「仲村さんがいて驚いたよ。

もう二度と会えないと思ってた…」

 

 

衝撃的な過去を思い出して、悲しそうに言う一樹。

 

 

それに対して、さやかは

 

 

「色々あったよね…」

 

 

とそんな一樹を気遣うように

ぽつりぽつりと話し始めました。

 

 

さやかはあの後転校し、

現在はフリーターだということを

聞いた一樹。

 

 

それに対して、自分は

妻と子供がいることを報告します。

 

 

「順調だね。おめでとう」

 

 

と祝うさやかに、

 

 

「…いや、ごめん俺なんかが…」

 

 

と申し訳なさそうにする一樹。

 

 

所構わず土下座するほど、

過去を気にしている一樹。

 

 

それを、察したさやかは、

 

 

「何で謝るの。私だって

今大事な人もいるし幸せなんだよ?」

 

 

と明るく言います。

 

 

そんなさやかに安心した一樹は立ち上がり、

 

 

「そろそろ駅まで送っていくよ」

 

 

と束の間の再開の終わりを告げます。

 

 

するとさやかは、離れる一樹の手を握り、

 

 

「ねえ、私。藤田くんのことがずっと好きだったの」

 

 

とあの頃の心中を吐露します。

 

 

まさかの両想い! 

 

 

悲惨な過去からのギャップに胸が高鳴りますね! 

そして危険な匂いがします!

 

 

当時の想いが再燃してしまった

さやかと一樹。

 

 

熱っぽい視線で見つめ合う2人

は、この後・・!?

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

骨の髄まで私に尽くせ。 は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話60円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

 

次回のあらすじはこちらから♬

⇒骨の髄まで私に尽くせ。  4話 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう