【学校でもハメられちゃって・・♡】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ ネタバレ 8話【jyom】あらすじ 結末 無料試し読み

 

こんにちわ☆彡 今日は、

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ 8話

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

前回のあらすじはこちら♫

⇒眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ 7話

 

 

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ  8話 のネタバレと読んだ感想

 

学校の水場ではないところでは絶対に聞けない音が、

全然水場ではない階段で聞こえます。

 

 

「…あっだめ…待って。待ってってば…」

 

 

叶多は愛美の乳房を口で愛撫しています。

 

 

「誰かに見られたら…」

 

「大丈夫だよ。ここあんま人来ないし」

 

 

 

制服から胸をこぼし、涙目の愛美。

 

 

そんな可愛いことされたら、

ここが学校だろうとどこだろうと

暴走してしまうのが年頃の男の子。

 

 

 

「愛美には、今まで俺が我慢してきた分

、ちゃんと返してもらわないと…」

 

 

 

そう言い放つと、愛美の背後にまわり・・

 

 

「すぐに済ます…」

 

 

しかし、挿入しようとした瞬間!

 

 

 

叶多の目に飛び込んできたものは・・・

 

 

黒い猫が大きくプリントされたパンティー

 

 

 

「このパンツ…どこで買ってんの?」

 

 

「…叶多はこーゆーの、嫌い?」

 

 

「…まあ。男子としては萌えないかな…」

 

 

 

愛美の幼稚系な趣味に、理解不能な時もある叶多。

 

 

 

しかし!ボディは徐々に大人に開発中♡

 

 

 

ズプププププゥ~~~~~~~!

 

 

「ひゃぅ……!!!!」

 

 

挿入したとたんに、愛美から悲鳴に似た喘ぎ声ww

 

 

「愛美…声…」

 

 

さすがに学校では声を抑えないと

他の生徒や先生にバレてしまいます。

 

 

が、しかし・・・

 

 

「だって…かなたが…。ん…ふ…」

 

 

声を必死に抑え、悶える愛美。

 

 

「動いていい?」

 

 

そんな愛美に我慢の限界を迎えた叶多。

 

 

「…うん…」

 

 

 

激しい学校セックスの始まり始まり♡

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

 

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっは電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話50円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!

 

次回のあらすじはこちら♫

⇒眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ 9話

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう